埼玉県幸手市にある曹洞宗・宝持寺は鎌倉末期に一色公深(公保)が父・足利泰氏の遺領・下総国
               葛飾郡田宮荘を相続し、三河国幡頭郡一色より移住して館を構えた場所といわれています。
             又、宝持寺は一色公深が開基したものであり、また埋葬されております。