豫州三津屋重之流一色同族会

TOP 歴史 重之公没 四百年祭 明理川 若宮神社 始祖菩提寺 長福寺 一色氏研究会


清和源氏義家流足利支流 一色氏発祥の地
 昭和59年(1984年)4月1日 一色氏発祥之地碑建立 南潮山安休寺(浄土真宗大谷派)山門前
                            愛知県幡豆郡一色町大字一色字中屋敷2
 平成12年(2000年)9月23日 安休寺の意向により、隣地の公園に移設

   一色氏は清和源氏義家流足利義氏の惣領足利三郎宮内少輔泰氏の七男公深を祖として
  三河の吉良荘一色村(現・愛知県西尾市一色町)を領知していたので、一色姓を称する。


一色氏祖 一色公深公の墓所
 昭和58年(1983年)9月25日 一色公深公供養碑建立 龍興山宝持寺(曹洞宗)本堂裏手左側
                                      埼玉県幸手市北1丁目2−31

 宝持寺は鎌倉末期に一色公深(公保)が父・足利泰氏の遺領・下総国葛飾郡田宮荘を相続し、
三河国幡頭郡一色より移住して館を構えた場所といわれています。
 又、宝持寺は一色公深が開基したものであり、また埋葬されております。

丹後守護一色氏代々控(抜粋)/梅本政幸氏著書
    丹後守護は、天正八年まで180年余り続いた。
初代 満範(ミツノリ)
二代 義貫(ヨシツラ)
三代 教親(ノリチカ)
四代 義直(ヨシタダ)
五代 義春(ヨシハル)
六代 義秀(ヨシヒデ)
七代 義有(ヨシアリ)
八代 義清(ヨシキヨ)
九代 義員(ヨシカズ)
十代 義定(ヨシサダ)
 十代五郎義定(ヨシサダ)は、右馬三郎範之(後の重之公)の兄と伝わる。
天正6年から7年にかけて一色義員が足利義昭に組みしたるを織田信長に嫌疑をかけられる。
一旦は信長より安堵されていた丹後を長岡藤孝(細川幽斎)と明智光秀に攻められ、
激しい戦の末敗北し義員は中山城で自刃した。 
 残された一族縁者の長男義定はその後許され信長に2万石を与えられ大名となり弓木城に
居て長岡藤孝(幽斎)の娘伊也を娶たが、天正十年明智光秀の乱(本能寺の変)に加担した
疑いをかけられた。羽柴秀吉に付いた藤孝は類を及ぶのを恐れ娘婿である五郎義定を
宮津城内に呼び出し討った。
 一方、三男の右馬三郎範之(後の重之公)は天正八年、外祖父河野(村上)通泰との縁により、
一族と共に豫州へ来ていた。


丹後守護一色氏 供養塔
【曹洞宗 大圓山盛林寺】
(京都府宮津市喜多696)

平成2年(1990年)5月13日 丹後守護一色五郎・藤長 供養碑建立  山門左側

  天正8年(1580年)、戦国武将一色右馬三郎範之(後の一色右馬三郎重之公)は丹後国
 宮津城(現・京都府宮津市)の落城前に外祖父である河野通泰(村上通泰)との縁により、
 子の重直、重次(6歳の双子)、家臣赤澤某、伊藤嶋之助、佐和小十郎等十余名を連れ、
 豫州宇摩郡へ来た。
  一族は当時新居郡の旗頭であった高峠城(高外木城・タカトキ)石川通清氏の食客となり
 新居郡萩生村に居住。その後、桑村郡旦ノ上村に居住。そして、旦ノ上村青野六太夫只正の
 娘を重次の嫁に迎え縁者となった。

  天正18年(1590年)、摂津麻田藩青木一重の代官となっていた武士重之公は、命により
 古城に居た周敷郡北条村の地頭越智勘左衛門を討って移り住み、そこを「三ツ屋」と称した。
  又、文禄2年(1593年)5月13日一色右馬三郎重之公は代官となっていた次男の武士重次、
 嫡男の武士重直らと共に周敷郡周敷村三谷城主の荒井藤四郎考宣(ナリアキラ)を討った。

    (秀吉の朝鮮出兵の軍費の為か、新領主による過酷な年貢の取立てがあったようで、
     一揆を企てた三谷城の荒井氏を攻め滅ぼした。道前一揆である)

 そして、重之公の嫡男である重直が三谷城主となり、重直は周布、重次は三津屋を治めた。

  重直 一色右馬助 後に喜兵衛と称す(法名 元眞宗廣居士 寛永16年(1639年)9月7日卒)

  重次 一色丑之助 後に弥兵衛と称す(法名 盛月閑光居士 寛永4年(1627年)7月22日卒)

 その後、一色家は三津屋村・周布村・壬生川村・明理川村の四か村で大庄屋を務めた。


       現在、愛媛県西条市を中心に私達末裔(一色氏一族)が、安住しています。

江戸中期後期は松山藩の領知であったが、
初期は摂津麻田藩青木家の飛び領知だった。
二神善右衛門が重之公の孫娘に婿養子
( 後に、二神姓に復帰した。 )
   摂津麻田藩図譜(豊中市教育委員会) 三津屋二神家(二神系譜研究会)
   摂津麻田藩青木家(大阪府池田市)  佛日寺の山門
   摂津麻田藩陣屋門(大阪府豊中市)
   摩耶山佛日寺(麻田藩青木家の菩提寺)


一色右馬三郎重之公をお祀りしている一色家(総本家)の菩提寺

臨済宗妙心寺派 東海山長福禅寺(愛媛県西条市北条655)
本堂 方丈(改築後の庫裡)
 重之公(範之)は、釈迦堂と大通門(山門と本堂間に建立していた)を寄進した。

一色範序が奉納した袈裟
護国殿
 重之公次男の三津屋村大庄屋一色丑之助重次は、護国殿と方丈(改築前の庫裡)を寄進した。
これらの功徳により万延元年(1860年)重之公250回忌の際、圓明院の院号を贈られ、重之公より
9世となる一色範序が袈裟を奉納 している。

東海山長福禅寺の山門
山門にある一色家の紋章
一色家(本家)の菩提寺
 山門を寄進したのは右馬三郎重之公の曾孫である重好の孫で壬生川大庄屋を務めていた一色範江。
一色家は、その功によって山門の額の左右に一色家の紋章である「丸に二引き両」を付けられている。
名誉なことである。

周辺の主な菩提寺
(三津屋地区は殆どが長福禅寺)
  龍敬神社(三津屋) 真言宗 宝積寺 三蔵院 (三津屋地区一色家)
  蓮生庵(周布大庄屋) 日蓮宗 本妙寺 (三津屋地区一色家)
  円通庵(明理川庄屋) 臨済宗 本源寺 (壬生川地区一色家
  明理川庄屋先祖祭 臨済宗 円福寺  HP (明理川庄屋一色家)
  全国一色同族会の歩み 臨済宗 長覚寺  HP (明理川庄屋一色家
  豫州三津屋一色家の公職 真言宗 密乗院 (周布地区一色家)
  壬生川町長一色耕平(明理川) 臨済宗 清浄寺 (吉田地区一色家


   
昭和63年 :参百八拾回忌正当法要/東海山長福寺    平成元年 :全国一色同族会/東予国民休暇村

一色右馬三郎重之家系図
重之流家系図/重直系(1)
重之流家系図/重直系(2) 《 お願い 》
重之流家系図/重直系(3) 誤記・追記があれば、お知らせください。
重之流家系図/重次系(1) 事務局 一色昇二
重之流家系図/重次系(2) TEL 0898-65-4000
重之流家系図/重次系(明理川)


≪ 平成20年(2008年)5月、三津屋の三蔵院宝積寺に在った墓所は西条市旭新開墓地へ移転 ≫
三津屋 三蔵院宝積寺 西条市旭新開墓地
 三蔵院宝積寺は一色家が丹後に居た頃に親交があった丹波国、福知山の修験僧三蔵が一色家を
頼ってきて三津屋に住み、後に三津屋地域墓地の側へ寺を建立したものである。
 重之公墓所は三蔵院宝積寺の境内墓地として誤解されがちであったが、西条市の管理墓地であった
為に旭新開墓地へ移転する事となり、平成20年に重之公並びに先祖墓を三津屋地区の末裔が移設した。
現在も彼らが管理をしております。
 又、平成27年5月の四百年祭を機に先祖供養と一色家の名声を残す為、墓地跡地へ石碑を建立した。